top of page

親子いけ花 ~伝統行事を楽しむ~ 実施報告

 6月29日(土)熊本大学教育学部附属特別支援学校の生徒さんと親御さんとの「伝統行事を楽しむ”親子いけ花」をお菓子の香梅帯山店ギャラリーにて開催しました。

 

 このイベントは、この事業は、熊本市市民公益活動支援基金(くまもと・わくわく基金)と同基金内に設置された「東京エレクトロン九州・マッチングギフト」及び「公益社団法人 熊本法人会ファンド」による助成を受けています。

 趣旨は、花に対する興味を持って頂くと共に障害者の芸術及び文化活動への参加を通して、障害者本人の生きがいや自信を創出し、障害者の自立と社会参加を促進するとともに、親と子の絆、コミュニケーションを深めてもらい、障害に対する市民の理解と認識を深めて頂くことを目的として開催しました。  初めての生け花でも物怖じせず、堂々と生けている 姿にはたくましさを感じました。センスや感性が素晴らしい。作品はどれも素晴らしくインスタ映えします。竹を使ったオブジェや生け花作品を展示してインスタでも映える七夕空間を演出しました。ご来場の皆様には、自由にお願いごとを書いて笹に下げてもらい場を盛り上げて頂きました。

 多くの方に来ていただき、花の素晴らしさ、作品の素晴らしさを伝えられ有り難い限りです。次回は、12月にクリスマスをテーマに実施します。次回も特別支援学校の生徒さんと親御さんに参加してもらいます。参加ご希望の方は、当法人にメールにてお問合せ下さい。





コメント


bottom of page